不動産購入希望者に「住んでみたい」と思ってもらう

不動産購入希望者に「住んでみたい」と思ってもらう

不動産購入者は、数多くの不動産物件の中から1物件を選びます。
そこで重要なのは「住んでみたい」物件と思ってもらうことです。
何故なら不動産購入者に物件の良さが伝わらなければ、不動産売却(契約)に結びつかないからです。
それ故、不動産会社がキーポイントになります。
というのも、不動産購入者に物件の良さ(特長)を説明するのが不動産会社の役割だからです。
もちろん、自分でできることもあります。
例えば内覧会がある場合であれば、出来得る範囲で人が住んでいる生活感を出さないようにすることです。
掃除や整理整頓…できれば内覧会の前、誰かに来てもらい客観的な目で指摘をしてもらうと良いと思います。
素敵な物件と思ってもらうだけでなく、「条件のわりには安い」物件だと認識してもらえれば購入のチャンスが上がります。
どちらにしても物件保有者と不動産会社との信頼関係が、早期の売却につながります。